ドラマ喫茶

ドラマ喫茶

ドラマの感想を書いてます。味の保証はしておりません。

MENU

行列の女神~らーめん才游記~ あらすじ 全話まとめ ~キャスト・ネタバレ・視聴率も~

ラーメンと焼きそば、どちらかといえばラーメン派。

どうもドラマ喫茶のマスター、ゆうのすけです。

 

 

このページでは、新・月曜ドラマ「行列の女神~らーめん才游記~」の各話あらすじをまとめています。

マイペースな更新にお付き合いください。

 

 

行列の女神~らーめん才游記~ キャスト

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

行列の女神〜らーめん才遊記〜(@biz_txdorama)がシェアした投稿 -

 

芹沢達美/鈴木京香(主演)

・・・「清流企画」の社長で、「らあめん清流房」の創業者。

 

汐見ゆとり/黒島結菜

・・・「清流企画」の新入社員。天然で空気も読めないが、料理の腕はピカイチ。

 

夏川彩/高橋メアリージュン

・・・「清流企画」の社員。芹沢を強くリスペクトしているため、ゆとりとは対立しがち。

 

白坂隼人/小関裕太

・・・「清流企画」の社員で、イケメン・マダムキラー。

 

須田正史/前野朋哉

・・・「清流企画」の社員。ラーメンの知識だけなら誰にも負けない。

 

有栖涼/石塚英彦

・・・「清流企画」によく顔を出してくるラーメン評論家。

 

河上堅吾/杉本哲太

・・・「清流企画」の部長で、芹沢の良き理解者。

 

行列の女神~らーめん才游記~ 1話 あらすじ ネタバレ

 

「らあめん清流房」の厨房に立っていた夏川は、

提供したラーメンに手を出さない女性客が気になり、

理由を聞くと、

これは、ラーメンですか?

正直、イマイチだと思います

と言われ、事務所にブチギレて戻る。

 

しばらくすると、その女性客・汐見ゆとりが事務所に入ってきて、

就職の面接を受けに来たというが、

初めてラーメンを食べたのはつい半年前だそう。

 

それでもなぜか強気の汐見は、

さっき出されたラーメンをおいしくすることならできる

と宣言。

 

実際に厨房を貸すと、

手際よくラーメンを作っていき、料理の腕前を披露。

その味は芹沢にも認められた。

 

 

そこで面接は終了し、汐見は帰ったが、

数分後に汐見から電話がかかってくる。

 

困ってるラーメン屋を見つけました

と。

どうやら、汐見はもう受かって社員になったと思っていたようだ。

 

そこで芹沢は、入社試験にと、

汐見にその店のコンサルティングを任せることに。

 

 

汐見は、その料理の腕を使って、

ひとまず美味しいラーメンを作るが、

芹沢は、

そこにいるご主人には作れない

という。

 

美味しいラーメンができても、

店主が作れなければ意味ないし、

長年作っても、味が変わらないような工夫も必要だと。

 

芹沢は、古い店の内装を掃除させることで、レトロな雰囲気を生み出し、

もともと作っていたもやしラーメンを看板メニューに置き、

そのもやし炒めの量を増やすことで、

見事その店を立て直して見せた。

 

 

コンサルは上手くいかなかったものの、

頑張りを認められた汐見は、晴れて「清流企画」の社員に。

 

部長の河上は、

汐見は、若い頃の芹沢に似ている

と、思いを巡らしていた。

 

 

<行列の女神~らーめん才游記~ 1話の感想はこちら>

aiueoasis.hatenablog.com

 

行列の女神~らーめん才游記~ 2話 あらすじ ネタバレ

 

「清流企画」・社長の芹沢は、

入社して1週間、コピー取りとデータ処理しかしていないと、退屈そうな汐見を、

夏川のクライアント先に同行させる。

 

夏川はお店の雰囲気をオシャレに一新し、

新しい看板メニューも開発していた。

 

しかし、そのラーメンを汐見も口にすると、

このラーメンだと、ガラガラの予感が、、

と言い放つ。

 

この時は汐見を店から追い出した夏川だったが、

実際、リニューアルオープンしたそのお店は、

5日後には”ガラガラ”になってしまった。

 

 

実は夏川は、コンサル業よりも職人になることを目指しており、

この案件を成功させれば、厨房の専属スタッフになれると芹沢から約束されていた。

 

そのため、クライアントよりも、自分の心を優先させていたのだ。

 

心を入れ替えた夏川は、

クライアントのことを最優先で考えたい

と、芹沢に助言を求める。

 

しかしこれは、約束の条件が満たされなくなってしまうことを意味していたが、

夏川はその店を本気で立て直そうと考えていた。

 

そして開発された新メニュー・バーニャカウダ風つけ麺が反響を呼び、

見事、コンサルを成功をさせた。

 

 

一方、事務所内では、汐見の両親のことが話題に上がっていた。

 

汐見の父親は、カメラマンをしている汐見亮二。

そして母親は、料理評論家の橋爪ようこ。

 

この橋爪ようこは、

筋金入りのラーメン嫌いで、

社長にとって因縁の相手なのだ。

 

一度はクビになりかけた汐見だったが、

親が誰なんか関係ない

と自信満々に汐見を引き留めた。

 

 

<行列の女神~らーめん才游記~ 2話の感想はこちら>

aiueoasis.hatenablog.com

 

行列の女神~らーめん才游記~ 3話 あらすじ ネタバレ

 

悩めるつけ麺屋「つけ麺あんざい」からの依頼を勝手に引き受けた汐見。

早速、依頼先の店に向かうと、別のコンサル会社「味惑コーポレーション」の担当者・難波(松井玲奈)と鉢合わせる。

 

どうやら主人は清流企画に依頼し、それを知らずに奥さんが味惑コーポレーションに依頼してしまったよう。

難波の威圧や巧みな話術もあり、

もう一度話し合って決めます

と、その場は一旦引き上げることに。

 

 

一方、「らあめん清流房」にはゆとりの母で辛口料理評論家の橋爪が来ており、

ゆとりが帰社すると、

橋爪も、その夫の亮二も事務所に上がり込んでいた。

 

橋爪と芹沢は、

昔料理番組で対決して以来、因縁の相手らしい。

ちなみにこの時の勝負は芹沢が勝っている。

 

一通り言いたいことを言い放った後、

橋爪は事務所を出ていった。

 

 

このタイミングで、

ゆとりは依頼先でのことを芹沢に話す。

すると、

売られた喧嘩を買いに行く

と、味惑コーポレーションへ乗り込みに行くことに。

 

そこで芹沢は、

お互いにプランを出し合ってお店側にどっちのプランがいいか決めてもらう”コンペ”を提案。

相手側もそれに応じた。

 

 

そしてコンペ当日、

難波は競合のない豚骨ラーメン屋で勝負するプランを提示する。

 

対して汐見は、

自分で考案した新作のつけ麺を看板メニューに据え、

一番美味しいつけ麺屋にすることを提案した。

 

店主の安斉は、

より現実的だと、難波の案を採用する。

 

そこに、別の区の豚骨ラーメン屋の店主がやってきて、

レシピを交換しようと持ち掛けてきた。

この店主の店は、

周りが豚骨ラーメンの競合ばかりで伸び悩んでいたため、

つけ麺屋にシフトチェンジしようとしていたのだ。

 

もちろんこれは芹沢のはからい。

二つの店は互いに承諾し、

コンペは引き分けということで流れた。

 

 

しかし実質負けたも同然だった汐見に、

そろそろ理解しなさい

と、ただ美味しいだけじゃお店を成功させることはできないということを伝える芹沢。

 

いや、伝えながら、

昔、同じような気持ちを持っていた自分と、

今の汐見の姿を重ね合わせていた。

 

 

<行列の女神~らーめん才游記~ 3話の感想はこちら>

aiueoasis.hatenablog.com

 

行列の女神~らーめん才游記~ 4話 あらすじ ネタバレ

 

コンペで負けて落ち込んでいたゆとりと、説教を喰らって参っていた須田は景気づけにアゴダシで有名なラーメン屋を訪れる。

 

洗練されたラーメンを美味しく食べていると、

一人の青年が入ってきて、そこの店長と揉めだした。

 

須田とゆとり、たまたま通りかかった有栖が止めに入り、

その場は何とかなったが、

どうやらその青年・相川は、ラーメン屋をやりたいからと、

そこのラーメン屋の作り方を教えてくれとしつこく聞いていたそうだ。

 

見かねたしおみは、相川に依頼書を書かせ、

またも勝手に依頼を受け持ってしまう。

 

芹沢も許可したが、

相川の予算はたったの46万。

 

もちろん物件探しでつまづき、早くも八方塞がりに。

 

 

そこで芹沢は、夜に居酒屋を営業している店を、昼間の時間だけ借りてラーメン屋を営業するという案を提案。

 

活路を見出したと思いきや、

実はラーメンの作り方を全く知らないという相川。

 

作り方を教えるよう言われた須田と汐見だったが、

須田は「店を出すことをあまく見るな」と本心をぶつけてしまう。

 

相川も怒り、その場を去った。

 

 

しかし翌日、相川の店がオープンしていた。

昼間営業のラーメン屋で、お客さんもそれなりに入っている。

 

どうやら、あの後河上部長が本を紹介してくれ、

その本を見ながら徹夜で作ったそう。

 

芹沢は、もともとやる気だけはあった相川ならやれると、

このことを見抜いていたのだ。

 

これで一件落着かと思われましたが、

今度はその借りている店主から連絡があり、

再度店へ向かうと、パイプが詰まっていた。

 

もともと魚料理専門の居酒屋だったため、

ラーメンほど油を使わないから、

その油に耐え切れなくなってしまったのだ。

 

 

また別のラーメンを考え直そうと、

汐見、須田、そして相川でラーメンを開発することに。

期限は三日。

 

芹沢がヒントを与えながら、

三日目でようやく完成。

 

ドライトマトを使った醤油ラーメンだ。

 

作り方も簡単で、初心者の相川でも継続して作れる。

しかも原価率を下げているため、ワンコインで売れるという。

 

こうして今回も見事コンサルを成功させた。

 

 

<行列の女神~らーめん才游記~ 4話の感想はこちら>

aiueoasis.hatenablog.com

 

行列の女神~らーめん才游記~ 5話 あらすじ ネタバレ

 

有栖の行きつけの中華食堂「おおひら食堂」を守るべく、

清流企画の社員全員によるコンペが開催されることに。

 

夏川、白坂、須田、汐見がこの店の後継者を見つけ出すというものだ。

 

 

夏川と白坂は、持ってる人脈の中から選りすぐりの人を選出し、

経験もあってコンペでもいい感じに能力を発揮してくれていた。

 

須田も自身の人脈の中から選んできたのだが、

実際は全く経験のほとんどないダメ野郎だった。

 

汐見はまだ入社して間もなく、人脈も全くない。

芹沢から面接を行うという機会をもらうが、

どれもポンコツばかりだった。

 

やむを得ず、橋爪ようこの料理教室から引き抜こうとするも、

橋爪に捕らえられ、コンペのこともバレてしまう。

 

そんななか、一人の酔っぱらいが絡んできて、

コンペに参加させてくれと言い出す。

 

仕方なく汐見はその人を候補者にした。

 

 

だが、実はその人は”外食経営のカリスマ”と呼ばれている鷹野研次郎だった。

 

見事な戦略で店を繁盛させ、

店主からも鷹野さんに店を継がせたいと要望がでる。

 

鷹野さんはもちろん引き受け、夏川と白坂の候補者の人たちもその場で雇い、

おおひら食堂」を守っていくことを誓った。

 

 

でも実は、これは橋爪よう子が仕組んだことで、

優秀な店主を紹介することで、清流企画にコンサル料を取らせないようにするという嫌がらせだったのだ。

 

 

<行列の女神~らーめん才游記~ 5話の感想はこちら>

aiueoasis.hatenablog.com

 

行列の女神~らーめん才游記~ 6話 あらすじ ネタバレ

 

ラーメン業界最大手のチェーン店「楽麺フーズ」の社長・蒲生が清流企画を訪ねてきた。

 

要件は、新店舗の看板メニューを考えて欲しいとのこと。

 

ただし、今回も”味惑コーポレーション”と争うコンペ形式でとのこと。

 

芹沢はもちろん受け、ゆとりを担当に、白坂をサポートにつけることに。

 

 

担当になったものの、新作が考えつかない二人は、

白坂が初めてコンサルを担当した店に行くことに。

 

しかし、そこには別の名前がかかれた看板があり、

話を聞いてみると、

どうやら数年前に味惑コーポレーションに買い取られていた。

 

汐見と白坂は、この店の元店主・牧原さんに会いに行くことに。

 

牧原さんは、違うところでまた自分の店を出していた。

 

前の店では、自分のこだわりを捨てることで店を繁盛させたが、

そのこだわりが捨てきれず、また再度挑戦しているというのだ。

 

そして、この店で振舞われたラーメンライスをもとに、

汐見と白坂は新メニューを考えつく。

 

 

コンペ本番。

 

清流企画は”おこげラーメン”で勝負。

ご飯を揚げたおこげが乗った豚骨ラーメンだ。

 

おこげにある醤油が途中で溶けだして、味が変わるという仕組みも。

 

味惑コーポレーションは”唐揚げラーメン”。

ボリューム系ラーメンの王道だ。

 

結果は、清流企画が勝利。

ボリューム系ラーメンの味が飽きてしまうという欠点を補ったところが評価された。

 

 

この勝負で相手の難波も、白坂も考え方を改めることとなった。

 

 

<行列の女神~らーめん才游記~ 6話の感想はこちら>

aiueoasis.hatenablog.com

 

行列の女神~らーめん才游記~ 7話 あらすじ ネタバレ

 

名店「麵房なかはら」の店主・中原昌英が清流企画を訪ねて来た。

要件は、ラーメン博物館に出店したものの、客入りが悪いため、

その原因を知りたいということだそう。

 

芹沢は、この依頼を汐見に任せるが、

プライドの高い中原は、店に来た汐見と夏川を追い返す。

 

芹沢と河上の元先輩でもある中原は、

厳しい指導の腹いせに若い女を送り込んできたんだろうと思っていた。

 

しかし、汐見はすぐさま原因を突き止め、

品書きを張ることで店を繁盛させることに成功。

 

芹沢はアマチュア的な目線をもった汐見なら、

気付けるだろうと読んでいたのだ。

 

 

一方、芹沢から月替わりラーメンの開発を任され、

悩まされていた夏川は、ようやく完成させたラーメンを芹沢に食べてもらう。

 

すると芹沢はきつくダメ出しをする、

あなたは凡人よ

でも凡人には凡人の闘い方がある

 

夏川は泣いて会社を飛び出し、

実家の夏川食堂へ。

 

励ましに来た汐見と、実家のラーメンからヒントを得た夏川は、

再び会社の厨房へ戻った。

 

 

また客足が滞ってきていた中原さんと、

清流企画の社員とで夏川のラーメンを試食することに。

 

無事、芹沢から合格をもらう。

 

これに刺激を受けた中原は、

自分店に戻り、再びラーメンの開発に情熱を注ぐ。

 

3日後、芹沢たちは「麺房なかはら」を訪れ、

進化した丸鶏ラーメンを食した。

 

 

ずっと汐見が言っていた”ワクワク”の正体、

ラーメンそれぞれの個性が、ワクワクを生む魅力になっていて、

アンバランスさが大事だということに気付いた汐見。

 

ただ芹沢からすれば、

それはまだ答えの一つでしかないようだ

 

 

<行列の女神~らーめん才游記~ 7話の感想はこちら>

aiueoasis.hatenablog.com

 

行列の女神~らーめん才游記~ 8話(最終回) あらすじ ネタバレ

 

・・・

 

Coming Soon

 

行列の女神~らーめん才游記~ 視聴率推移

 

1話の視聴率・・・5.1

 

2話の視聴率・・・

 

3話の視聴率・・・

 

4話の視聴率・・・

 

5話の視聴率・・・

 

6話の視聴率・・・

 

7話の視聴率・・・

 

8話の視聴率・・・

 

9話の視聴率・・・

 

10話の視聴率・・・

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。